60代・70代にすすめるオールインワンジェルの効果的な使い方

UV効果のあるオールインワンジェルで60代・70代もしみ予防

20180501082903 - UV効果のあるオールインワンジェルで60代・70代もしみ予防

従来は、日焼け止めは日焼け止め、基礎化粧品は基礎化粧品と分かれていました。

しかし今は、色々なものが違う領域に及ぶようになりました。

その代表例がオールインワンです。

しかし初期の頃のオールインワンジェルと言えば、化粧水と乳液が1つになっただけでした。それが今やたくさんの種類の美容成分を配合したり、保湿力が長持ちしたりと、美容液や美容クリームの役割をも果たすまでに進化しました。

さらには夏には美白成分を配合した美白ケアのできるオールインワンもでき、シーズン毎に使い分ける人も増えました。

基礎化粧品は1年を通して使えるようにできていますが、やはり肌状態や気候に合わせて、柔軟に変えることで、美肌状態は保たれます。

美白オールインワンも、美白成分が入っているもの、美白成分に加えてSPFやPAが入ったUVカット効果のあるものに分けられます。

美白成分と日焼け止めが一体化しているものを使えば、洗顔をした後、一気にベースメイクに取りかかれます。

しかも紫外線から肌を守りながら、美白成分によってしみやしみ予備軍をケアすることもできます。

しみ予備軍とはメラニン色素が集まっている状態のことを言います。このまま放置しておくと、黒色化してしみになったり、くすみへと変化してしまいます。

だから美白ケアはとても大事です。

 

日焼け止め効果のあるオールインワンジェルで60代・70代の肌の負担も軽減できる

f:id:svam6479:20180501083502p:plain

しかし夏は皮脂が浮きやすく、ベタつくので、ケアはシンプルに抑えたいもの。

けれど、日焼け止めは重みも皮膜感もあります。最近の日焼け止めはかなり進化し、テクスチャーも心地良いものへと改善されましたが、化粧水、美容液、乳液の後に、さらに日焼け止めをつけるのは面倒ですし、こってりしたものだとファンデーションのヨレにもつながります。

しかも重みがあるのに、肌がきしんだり、乾燥したりします。

日焼け止めとは、とても肌に負担をかけるものなのです。

それだけに、外の掃除や洗濯物を干すだけなら、日焼け止めを省きたくなります。

しかし、そんな悩みを一気に解消してくれるのがUVケアもできる美白オールインワンです。

気持ち良いプルプルジェルでしっかりと保湿しながら、UVカットもできるので、うっかり日焼けも防げますし、面倒くさがりの人にもぴったりです。

肌バリア機能が低下し、ターンオーバーの滞っている60代・70代は、ちょっとした紫外線にも肌が過敏に反応して、すぐに焼けて、しみになってしまいます。

だからスキンケアで無理なく予防するようにしましょう。

 

夜は日焼け止めが入っているオールインワンは避けましょう

f:id:svam6479:20180501083628p:plain

ただ、どれだけ肌が潤い、使い心地が良くて、紫外線吸収剤フリーであっても、皮膚を覆うことで紫外線をカットしています。

ですから、そのまま寝ると化粧をした状態で寝るのと同様、肌の老化を促進させたり、肌の修復作用を鈍化させるなどの弊害が起こります。ですから、夜間は日焼け止め効果の入っているオールインワンは避けるようにしましょう。

夜は、肌に栄養をしっかりと与え、さらに睡眠中に出る美肌ホルモンをサポートするような成分を選べば、より美肌に近付けます。

種類分けをすると言っても、オールインワンならばたったの2つだけです。

それに、同じものばかり使うのは飽きる・・・という方にも、変化を楽しんでもらえます。


20180811213911 300x257 - UV効果のあるオールインワンジェルで60代・70代もしみ予防