60代・70代にすすめるオールインワンジェルの効果的な使い方

60代・70代のオールインワンは朝と夜に使い分け

20180413002832 - 60代・70代のオールインワンは朝と夜に使い分け

スキンケアを行う場合、朝と夜で違う効果のあるものを選ぶ方が、より美肌に近付けます。

それはオールインワンも同じです。

朝使用の場合、あると嬉しい成分はSPFやPAなどのUVカット効果があるものです。

若々しい美肌の必須条件は、保湿と紫外線対策です。

60代・70代の肌は紫外線を受けると、すぐにしわやシミになってしまいます。

それは肌バリア機能が格段に落ちているからです。

しかし、今の60代・70代の方は、若い頃、今ほど紫外線の害について叫ばれなかったこともあり、ついおざなりになりがちです。

だから余計に面倒に感じがちです。

しかし、オールインワンに入っていれば、スキンケアをしているだけでUVカットもできるので負担がありません。

しかも、日焼け止めは、単体だと肌がきしんだり、乾燥するものも多いのですが、オールインワンならば保湿力抜群なので、乾燥の心配もありません。

 

60代・70代は、夜は日焼け止め機能が入っているオールイワンが避けるべき

f:id:svam6479:20180413003432p:plain

ただ、UVカット効果のあるオールインワンは夜に使用するのは避けましょう。

この理由は、UVカット成分というのは、紫外線吸収剤でも低刺激だと言われる紫外線散乱剤にしても、肌表面を皮膜して紫外線の侵入を防ぐ働きをしています。そのため、肌負担がかかるのです。

そしてSPFやPAの値が高いものほど、肌負担は大きいです。そのままつけて寝るのは、化粧を落とさず寝るのと同じという気持ちでいても良いくらいです。

また朝はメイクをする人も多いと思います。コクのあるリッチテクスチャーのオールインワンだと、ベースメイクのヨレが心配です。

好みやコンディションもありますが、浸透の早い、みずみずしいジェルタイプの方が使い勝手が良いでしょう。

夜はぐっとしっとりめで、肌をしっかりと休ませ、栄養を与えるオールインワンがおすすめです。

美容成分を多く配合しようとすると、油分が多く必要になります。その分、重みは出ますが、水分の蒸発を防ぐ力が強くなります。

さらに浸透する美容成分が、睡眠中に行われている肌の修復作業の働きをサポートしてくれます。

60代・70代ならば、アンチエイジング効果のある美容成分が入っていると嬉しいですよね。

 

美容クリームより安価なオールインワンなら朝と夜で使い分けて効果を実感してみて

f:id:svam6479:20180413003839p:plain

コラーゲン、NMF(天然保湿因子)、プラセンタ、プロテオグリカンなどは、ハリのある肌へと導いてくれます。今や、何十種類も美容成分が配合されているような美容クリームのようなオールインワンが増えているので、エイジングケアをしたい60代・70代にぴったりです。

それでいて美容クリームよりも安価だったりするので、お財布にも優しいです。

スキンケア用品をずらりと並べるよりもずっとコストパフォーマンスにも優れているのがオールインワンの強みを生かして、朝用、夜用に使い分けてみてはいかがでしょうか。


20180811213911 300x257 - 60代・70代のオールインワンは朝と夜に使い分け