60代・70代のエイジングケアは何をしてる?

70代の私のエイジングケアは、「合成界面活性剤の入った化粧品は使わない」ことです

20170405231425 - 70代の私のエイジングケアは、「合成界面活性剤の入った化粧品は使わない」ことです

30代の頃は、まだニキビが時々できていたのですが、40を過ぎたら急に肌が乾燥し始めて、なかなか治らないので皮膚科に相談しました。

私は親譲りでもともと肌が弱くて皮膚病になりやすく、皮膚科に通う事は良くありましたが、そういう相談ははじめてでした。

その時言われたのが、オイルクレンジングをやめなさいと言う事でした。

それと、特殊な謳い文句のないスキンケア化粧品に変えると言うこともありました。

コラーゲンだとかQ10とか入ってない、例えばMUJIの敏感肌用などを試しに使ってみました。

確かに少しは良くなりましたが、まだ口の周りなどが乾燥していたので、酷いときはアトピー用の軟膏をつけるように処方されました。

しばらくして、松山油脂というメーカーの化粧水やクリーム、クレンジングなどに落ち着きました。玉の肌も割といい感触でした。

皮膚が乾燥するとシワの原因になるので、色々探した結果です。

その後、形成皮膚科にかかることがあり、その先生には、紫外線吸収剤は皮膚にとても悪いので、必ずそれが不使用のUVケア製品を使いなさいと言われたので、

化粧下地やボディ用の日焼け止めも紫外線吸収剤不使用のものに変えました。

後々シミなどが濃くなったりするのを防ぐためです。

食べ物では、ビタミンBの多い豚肉を良く食べるようにしています。

水分も欠かさず、時々ビタミンCの粉末を混ぜたり、プロテインもたまに飲みます。

身体の内側から油分と水分とビタミン類の摂取はお肌にいいですし、プロテインやカルシウムで血と骨を作る事は、エイジングケアの根本とも言えます。

f:id:svam6479:20170405231742p:plain

70代の私のエイジングケアは、「保湿中心のエイジングケア」に切り替えました

 

40代の頃は、スキンケアには無頓着でドラッグストアコスメなどの安いものを使って適当にお手入れをしていました。

それでも十分だったのです。しかし50代に入った途端にそれまでのスキンケアの方法ではお肌のかさつきが激しくなり、シワやほうれい線が目立ち始め、さらには今まであまり気にならなかったシミが色濃く出てくるようになってしまいました。

いくらスキンケアには無頓着な私でも、あまりの肌質や肌の状態の変化に驚き、すぐにエイジングケアに特化した化粧品に切り替えることにしました。

ネットで見つけたエイジングケア用の化粧品のディセンシアアヤナスが、かなり高評価だったので10日間のお試しキットから使ってみることにしました。

たった10日間のお試しでしたがアヤナスを使い始めた初日から明らかなお肌の変化がありました。

今まで、砂漠に水を落としたかの様にいくら化粧水でお肌をケアしても全くお肌が潤わなかった状態だったのが、アヤナスシリーズを使うと、お肌へスーッと馴染み、その後のうるおい感がものすごいのです。

其のもちもち素肌が翌朝まで持続するという高保湿効果に感動し、現在もアヤナスシリーズのみでエイジングケアを行なっています。

やはり年齢肌には年齢肌のための化粧品を使わなければいけないのだと痛感しています。

bgt?aid=170320479044&wid=005&eno=01&mid=s00000012073002043000&mc=1 - 70代の私のエイジングケアは、「合成界面活性剤の入った化粧品は使わない」ことです 0 - 70代の私のエイジングケアは、「合成界面活性剤の入った化粧品は使わない」ことです

20180811213911 300x257 - 70代の私のエイジングケアは、「合成界面活性剤の入った化粧品は使わない」ことです