60代・70代は、汗をかく夏はお風呂上りにすぐにオールインワンジェルを塗っても良い?

20180509185402 - 60代・70代は、汗をかく夏はお風呂上りにすぐにオールインワンジェルを塗っても良い?

60代・70代は、シャワーだけで済ませるのではなく、季節を問わず、湯船に浸かっている人が多いと思います。

湯船に浸かることは、疲労回復や血行促進、新陳代謝の活性化、冷えの解消など、健康面でも美容面でも良いことづくしです。

しかし夏になると、ぬるま湯であっても、しっかりと体を温めると、バスルームから出た瞬間、汗が湧き出てしまいます。

この理由は、温かい場所から涼しい場所に移ることで、血管が急激に収縮して血流が滞ります。その結果、体から熱が放出されずに温まるからです。

お風呂から上がる前に冷水シャワーを浴びると熱が逃げにくくなる現象と同じメカニズムです。

ですからお風呂上りの汗を予防するために、冷水シャワーを全身に浴びるのは逆効果です。

 

汗の上からオールインワンジェルを塗っても流れる、ではどうすればよい?

f:id:svam6479:20180509185547p:plain

また汗の上からオールインワンジェルを塗っても、しっかりと浸透しません。

そもそも汗が次から次へと流れてくる状態でスキンケアはしたくありませんよね。

汗がひいた状態でスキンケアをするのが良いのですが、60代・70代にもなると、お風呂上りの過乾燥のことを考えると10分以内にはスキンケアをしてしまいところです。

そこで、汗が流れないような工夫を取り入れてみましょう。

顔の汗に効果的なのは首筋を冷やすことです。

首筋には太い血管が通っており、この部位を冷やすことで、血管の温度が下がり、顔の汗がかきにくくなります。

冷水シャワーをかけたり、お風呂上がりに冷たく絞ったタオルや保冷剤などを首筋に当てて冷まします。

この方法は、汗が滲んでメイクがしづらいという時にも便利です。

扇風機やクーラーの冷風を利用する場合も、首筋に当てるようにします。

汗をかいているからと、つい顔から冷風を当てがちですが、後ろから冷風を浴びるようにします。

それに風を顔で受け止めると、乾燥が加速してしまいますので避けましょう。

きちんと汗が引いてからスキンケアは行います。

この時、クールダウンしてくれるようなオールインワンジェルだと顔の温度を下げてくれるので、より汗には効果的です。特に朝利用の場合、メイク崩れを防ぐ効果もあります。

 

オールインワンジェルはエタノールが入っているものは避けること

f:id:svam6479:20180509185656p:plain

クールダウンというと、エタノールが入っているものが主流です。

実際、夏に使うことを想定された美白化粧品や清涼感があると謳っているオールインワンのほとんどにかなりの量のエタノールを配合しています。

成分表を見ると、2番目、3番目の量が入っています。

確かにスーッと気持ちが良いのですが、エノタールは刺激性のある成分ですし、量が多いと、目に痛いということもあります。目元や口元などの乾燥しやすいところは重点的に塗りたいと思いますが、エタノールが多いと、厳しいかもしれません。

またエタノールには皮脂を抑制する働きがありますので、60代・70代の肌には乾燥を促進させてしまいます。

ですから、これらのクール系オールインワンを使う場合は、ちょっと面倒かもしれませんが、入っていないマイルドなオールインワンと併用することをオススメします。

全体をクール系オールインワンでケアをした後、乾燥しやすい部位に塗るのはリッチ系のものを塗ると良いでしょう。

他にもTゾーンだけはクール系などと使い分けも良いかもしれません。

それよりも簡単なのは、手持ちのオールインワンを冷蔵庫に入れておくことです。

冷やしただけのオールインワンなら刺激性はないままに、肌を気持ち良くクールダウンしてくれます。

スキンケアのベストは人によってそれぞれ違います。

心地良いと思える方法を試しながら、美肌を目指して下さいね。


20180811213911 300x257 - 60代・70代は、汗をかく夏はお風呂上りにすぐにオールインワンジェルを塗っても良い?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

60代・70代オールインワンランキング




エステのオールインワンジェル

気になる目元にはアイクリーム



ブログランキング