60代・70代女性のオールインワンジェルクリームと関連化粧品の口コミサイト

60代・70代女性のみんながしているエイジングケアって何をしているんでしょうか。何歳ぐらいから肌がどう変わったか、またそれによって化粧品をどう変えたかなど聞いてみました。

60代・70代がオールインワンの効果をしっかり引き出すには、まずは角質や汚れをしっかり落とす

f:id:svam6479:20180427084740p:plain

60代・70代になると肌のターンオーバーに時間がかかります。

計算の目安として、年齢×1.5日がターンオーバーにかかる日数です。

 

単純計算で、60歳ならば90日、70歳ならば105日もかかることになります。

そのため、表皮には古い角質が溜まってしまいます。

 

若い肌の場合、下から押し上げる力も強いので、はがれやすいのですが、年齢を重ねるとその力も鈍化します。

古い角質は固くてガサガサしているので、手ざわり悪くなりますし、化粧もうまく乗りません。

 

しかもスキンケアの浸透も悪くなってしまうのです。

何を使っても浸透していないように感じるのは、古い角質のせいかもしれません。

 

せっかく念入りにケアをしても浸透できなければ、意味がありません。

だから、スキンケアで古い角質を取り除くようにしましょう。

 

 

60代・70代の古い角質を落とす方法は4つある

f:id:svam6479:20180427083503p:plain

 

古い角質をオフする方法として、洗顔とふき取り化粧水の2つがあります。

さらに、溶かす方法と、こすり落とす方法の2つに分かれます。

 

溶かす方法とは、ピーリングと呼ばれ、たんぱく質を溶かす働きのある酵素やAHA(フルーツ酸)が配合されている製品を使います。

こすり落とす方法とは、スクラブやゴマージュと呼ばれ、砂糖、塩、こんにゃくの粒子、ハーブの種などを使用します。

 

洗顔料として使う場合は、毎日使うのではなく、週に1.2回程度の頻度で行います。

中には毎日使用できるという製品もありますが、やはり洗浄力が強いので、肌負担も懸念されます。

 

特に60代・70代の肌はバリア機能が衰えていますので、洗いすぎ、落とし過ぎは炎症などの肌トラブルの元となります。

 

洗顔よりもマイルドな方法なのが、ふき取り化粧水を使う方法です。

ふき取り化粧水の主な成分には、エタノール、AHA、尿素などが挙げられ、コットンにたっぷり取って、ふき取るようにパッティングします。

 

肌あたりが柔らかくなるように、保湿成分が配合されている製品もありますが、基本的には保湿効果はありません。

 

ふき取り化粧水も毎日2回使用するのは、60代・70代の場合、多いように感じます。

多くても1日1回、週に2.3回程度でも効果はあります。

 

 

角質ケアを行った後にはオールインワンでたっぷり保湿で美肌に

f:id:svam6479:20180427083947p:plain

ちなみにヨーロッパでは、ふき取り化粧水で角質ケアをした後、リッチなクリームを使うというのが主流のようです。

ただ国土、人種、環境が日本とは違いますので、ご参考程度に。

 

角質ケアをした後の肌はツルツル、スベスベになります。

拭き取った後のコットンは茶色っぽく色づきます。

そして後に使うスキンケアの浸透が高まります。

 

即効性と実感力が強いのが角質ケアの特徴で、それゆえにクセになりがちです。

だから角質ケアは間隔をあけて行うようにして下さい。

そして角質ケアの後は、いつもよりも多めオールインワンで、たっぷりと潤いを補給して下さいね。