60代・70代女性のオールインワンジェルクリームと関連化粧品の口コミサイト

60代・70代女性のみんながしているエイジングケアって何をしているんでしょうか。何歳ぐらいから肌がどう変わったか、またそれによって化粧品をどう変えたかなど聞いてみました。

最近のオールインワンはまるでライン使いをしているような本格ケアができる

f:id:svam6479:20180427012028p:plain

美肌になるためのスキンケア用品の使い方は、どんなアイテムであっても、「ケチらず、たっぷり使うこと」です。

 

高価な美容液をチビチビ使うよりも、安価な化粧水をバシャバシャ使う方が肌はキレイになれるとよく言われることです。

 

十分な量でスキンケアをすれば、肌をしっかりと潤すことができます。

また、もったいないと思いながら使うのは、精神的にもマイナス作用です。

 

化粧水、美容液、乳液、美容クリームとたくさん使っているから、量を少なめに加減しているという人もたまにいます。

 

たくさん塗ってしまうと、次のステップに進む時に、浸透できずに肌の上に残ってしまうのを避けるためだと思います。

 

角質層は0.2mm前後ととても薄いので、化粧品が浸透する量には上限があります。

その上、化粧品に配合されている美容成分などの分子が大きいと、表皮にとどまり、浸透できません。

 

 

一見さっぱりしてそうなオールインワンジェルにも多くの美容成分が入っています

f:id:svam6479:20180427011951p:plain

きちんと浸透し切れない状態から、さらにアイテムを重ねるのであれば、オールインワン1つで完了させる方が合理的ではないでしょうか。

しかも今のオールインワンは多機能で保湿力、エイジングケアにも優れています。

60代・70代の乾燥しやすい肌でも、まるでライン使いをしたかのような潤いのある美肌へと導いてくれます。

 

1つでは足りない、たくさん使う方がしっかりと潤うと考える60代・70代の方は多いと思うのですが、長年の習慣のためではないでしょうか。

 

例えば、保湿に欠かせない化粧水にしても、当然のように使っているのは日本などのアジアが主流で、ヨーロッパでは保湿目的に化粧水を使用することは一般的ではありません。

このように住む地域でもスキンケアの常識は違います。

 

だから、経験による思い込みだけで、オールインワンを避けるのはもったいないと思います。

さらに、今は技術が発展して、一見、さっぱりしているようなジェルの中に、数十種類もの美容成分を配合することができるようになりました。

 

例えば、洗濯洗剤を考えてもらえば分かるのですが、今の主流となっているコンパクト液体洗剤は、洗濯機一杯の洗濯ものをたった40ml程度の量ですっきりと洗い上げてしまいます。

 

それは洗浄成分を濃縮することができるようになったからです。

粉末洗剤と比べると、驚くほどコンパクトになりました。

オールインワンにも同じことが言えます。

 

 

最先端技術がぎゅっと濃縮されたオールインワンが、今は多く販売されている

f:id:svam6479:20180427012701p:plain

しかも最先端の美容成分を使っているオールインワンも多数あります。

新しい美容成分でも、オールインワンならば、みずみずしい肌当たりなのでマイルドに使うことができます。

 

アンチエイジング効果で有名なプラセンタは、原液で使うと、つっぱりを感じます。

しかしオールインワンならば、つっぱりも、クセのあるニオイも気になりません。

 

その上コストパフォーマンスにも優れていますので、惜しみなく使うことができます。

たっぷりの潤いと美容成分を与えれば、年齢関係なく、肌はどんどん輝いていきます。

プラスするのはたった1つだけです。

 

是非、気になるオールインワンを手に取ってみて下さい。