60代・70代女性のオールインワンジェルクリームと関連化粧品の口コミサイト

60代・70代女性のみんながしているエイジングケアって何をしているんでしょうか。何歳ぐらいから肌がどう変わったか、またそれによって化粧品をどう変えたかなど聞いてみました。

60代・70代はオールインワン1つでちゃんとケアできる?

f:id:svam6479:20180417075417p:plain

手持ちのスキンケアは何個ありますか?

化粧水・美容液・乳液・クリームなど、4~5つくらいでしょうか。

 

たくさん塗っていると、減らすのが不安になりますよね。

また、60代・70代の方の多くは、1度化粧品を買うと、同じ店舗で買い続けることが多く、販売員に勧められるがまま増えていったという人もいるのではないでしょうか。

 

ただ、たくさん使うからと言って、与えた量の分だけ浸透することはありません。

 

化粧品が浸透するのは、角質層であるたった0.2mmほどの厚さ分だけなのです。

だから多ければその分保湿できるというのは誤りです。

浸透できる量には限界があります。

 

しかも60代・70代の肌は古い角質層がたまっているので、浸透しにくくなっています。

そして潤いのある肌に欠かせない、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、表皮を覆う皮脂が減少しているため、水分を保持する力も衰えています。

 

浸透しにくい角質のまま化粧水を塗っても十分に保湿できませんし、先に使ったアイテムが残ったまま、次々に美容液やクリームを重ねるのは、ただ肌の上で混ざり合っているだけです。

 

そして浸透しきれなかった水分は、乾燥を促進させる結果となります。

それならば初めから1つにまとまっているオールインワンの方が良いのでは?と思うのです。

 

 

最近のオールインワンはエイジングケアに特化した商品が沢山出ている

f:id:svam6479:20180417075601p:plain

確かにアイテムを増やすと、肌悩みに特化したもの、化粧水は美白効果、美容液はアンチエイジング効果など、それぞれが得意とする分野でケアすることができます。

 

また、オールインワンの始まりが手軽さとコストパフォーマンスを理由に生まれたことから、最低限の保湿しかできないと考えられがちです。

 

しかし今や、エイジングケアに特化したオールインワンがとても増えています。

 

乾燥による小ジワを目立たなくするかどうかの効能評価試験をクリアしているオールインワンもたくさんあります。

 

何十種類、最先端の美容成分が配合されているから、美容クリームかな?と思ったら、オールインワンだったということも数多くあります。

 

 

何ステップもある化粧品を使うことでしみやしわが起こる可能性もある

f:id:svam6479:20180417075654p:plain

またスキンケアの数を増やすことについての弊害についても2つあります。

化粧品を塗る時に、しっかりと浸透するように、何度も肌の上をコットンなり手のひらが往復しています。

 

これを化粧水から美容クリームまでのアイテム分をかけると、10回や20回では済みません。

そしてこの摩擦が肌ダメージになると言われています。そして摩擦はしわやしみの原因でもあります。

 

第二に、化粧品に配合されている防腐剤や防菌剤の存在です。

化粧品の品質を保つために、これらの成分は不可欠ですし1つ1つに入っているのは微量です。

しかしアイテムの数を増やすだけ、刺激物の量も増えることになります。

オールインワンならば、手の摩擦も刺激物を塗る量も減らすことができるというメリットがあります。

 

年齢肌に特化した美肌を目指せるだけの実力を持ちながら、肌負担も減らせるというオールインワン。

しかも経済的にも時短にもなります。

 

1つでは無理だというのは思い込みかもしれません。先入観で試してみないのはもったいないですよ。